SDGsの取組

SDGs(エスディージーズ)(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)とは、2015年の国連サミットで採択された2030年までに達成すべき国際目標です。17のゴールと169のターゲットから構成され、「誰一人取り残さない」をキーワードに、全ての人類が安定して暮らし続けることができる持続可能でよりよい世界を実現することを目的としています。 当社ではSDGsの17の目標達成に向け、様々な取り組みを行っています。

誌面での情報発信

  • 生活情報誌「月刊ぷらざ」にて、環境保全のためにできることなどの情報を掲載

社員の健康保持やディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の促進

  • スーパーフレックス(コアレスフレックス)制度の導入
  • インフルエンザ予防接種の全額会社負担
  • AEDの設置および講習の実施(年1回)
  • 団体献血への協力(年2回)

廃棄物の発生防止・削減やリサイクルの推奨

  • 全日本印刷工業組合連合会が認定する全印工連CSR認定マーク(ワンスター)の取得
  • 大豆油や亜麻仁油などの植物油を使ったインキ「VEGETABLE OIL INK」を使用
  • PLATE to PLATE(アルミリサイクルシステム)に参画し、リサイクルされた印刷版を使用
  • 生活情報誌「月刊ぷらざ」にリサイクル可能なバージンパルプ紙を使用
  • 日本印刷産業連合会による印刷産業環境優良工場表彰(平成22年度)にて奨励賞を受賞

※通常、古紙を商業印刷に適した白色の紙(再生紙)にするためには「漂白」という工程が必要です。その際に水質汚染の原因となる塩素系漂白剤を使用するため、再生紙ではないバージンパルプ紙を使うことで環境負荷を減らすことができます。